サイトマップ | 取引先 | 弊社について | お問合せ
翻訳トピックス | プレゼンテーション
ブログ | よくある質問 | English
特許翻訳 産業翻訳 訴訟関連通訳

特許翻訳

取扱書類 | 技術分野
当社のアプローチ | 認証翻訳 | 当社の方針

当社の強みは、日本語から英語への高品質の特許明細書翻訳を提供することです。主に外国出願用明細書、その他の特許手続きに関する書類や特許訴訟に関する書類などを扱っております。

取扱書類

当社取扱い技術分野

当社の翻訳実績は広範囲に及びます。下記の事例はその一部に過ぎません。更に がついている項目に関しては、翻訳の実績に加えて、その産業界、研究所などの勤務経験がある翻訳者が対応します。

当社のアプローチ

長年かけて培った厳しい成長プロセスを経た高品質の特許翻訳だけを提供し続けます。

初期段階で原稿精査:  基本的に当社は翻訳受任時に和文特許明細書全体に目を通し内容を理解した上で、実際の翻訳プロセスで発生しそうな問題を、初期段階で明確にさせます。

関連文献情報の内容確認と文献の入手:  関連文献を入手する手間を惜しまず、その内容を参照して翻訳の技術理解に役立てます。初めてのお客様の場合は、参考資料のご提供を頂けると、非常に助かりますが、関連情報が翻訳原稿中に開示されていればその文献を参照します。また、当社独自に例えば次のような調査をして、翻訳の品質をさらに技術面、用語面から向上させていきます。

翻訳に用いる専門用語の確立:  翻訳の際に用いる専門用語を決める際、日本語の原稿の用語と、その発明の属す技術分野で、通常、使用される専門用語とが双方に一貫している必要があります。そのため、当社で受任した全ての仕事に対して、次のような案件別単語リストを作成します。

必要に応じて翻訳時に参照できるよう、用語集の備考欄に注記を付しておきます。これら用語集を当社は半永久的に維持管理して、将来の受任時の基本情報として役立てております。

翻訳段階:  このような周到な準備の後に翻訳を開始します。一部の大量生産の翻訳プロバイダーとは大きく一線を画しておりますので、もちろん見知らぬ翻訳者に外注するようなことは決してありません。特許発明の技術内容を理解できる特許翻訳の専門分野で長年経験を積んだ当社所属の翻訳スタッフだけが責任を持って翻訳します。

疑問点の対処:  翻訳の過程で疑問が生じる場合があります。出願明細書の翻訳か、公報の翻訳かにより、(前者の場合には)特許の発明者、あるいは日本語明細書の書き手が対処し、(後者の場合で米国法律事務所のクライアントによる翻訳依頼の場合などでは)その翻訳の発注元のクライアント企業が質問に対処するのがベストです。正しい情報を入手できない場合、憶測をしないことの重要性を翻訳者が認識しているか否かが一つの指標となりうることをご理解ください。疑問点という形でご質問させて頂くことは、このような場合に発生します。

認証翻訳

特許手続きおよび訴訟に関連して要求される認証翻訳も提供できます。当社が履行する認証は、担当責任翻訳者がサインする認証書面ですので、翻訳に関与してないチーム責任者のサインではありませんのでご安心下さい。

また、補足サービスとして日本語の原稿がある場合に、他社の翻訳を当社で照合して、当社で認証を履行するレベルに改訂した実績もあります。この際、元原稿の品質によりますが、費用は初めから当社に依頼して適正に翻訳した場合と同等かそれに近い金額となる場合もありますのであらかじめご了承下さい。

当社の方針

当然のことながら、日英特許翻訳の小さな翻訳専門会社として可能な限りの最高品質をお届けするよう最大努力いたします。しかし、翻訳のご発注段階でお引受けできかねるケースもしばしばあります。当社の場合は、品質よりも大量生産を得意とするブローカーとは大きく性質が異なりますのでご承知下さい。